ひ ょ う ご 経 済  第 129号  目 次  


【巻頭言】 地域の力に期待する
 財務省近畿財務局神戸財務事務所長
   沖田 光司
 <論文>持続可能な中小企業経営
           〜企業も地域もヒトに始まりヒトが動かす ヒトこそ未来〜
 兵庫県立大学大学院経営研究科教授
   佐竹 隆幸
 <論文>地方発の新事業、新サービスの時代へ、グローカル企業の台頭  滑驩謠m代表取締役塾長
   高橋 憲行
 <行政>都心・三宮の再整備  神戸市住宅都市局計画部計画課
 都心三宮再整備担当課長

   若林 宏幸
 <経営の視点>ポジショニングによる価値づくり         神戸大学大学院経営学研究科教授
   栗木  契
 <企業の今>遊びの中に仕事がある  プライミクス株式会社社長
   古市 尚
 <産業情報館>奇跡の温泉地 城崎温泉の魅力  城崎このさき100年会議理事長
   芹澤 正志
 <経済を視る目>中国2016年の成長率は6%台後半  ニッセイ基礎研究所上席研究員
   三尾 幸吉郎
 <達人になる>お茶が教えてくれたこと  エッセイスト
   森下 典子
 <調査>ライフスタイルの変化と消費
   浅野  学
 <ゆたかな時間>馬は最高のパートナー  (公財)神戸乗馬倶楽部理事
   田中 敏正
 <健康>ミネラル(無機塩類)と健康
 神戸大学名誉教授
   岡田 安弘
 <会計>修正国際基準について  公認会計士
   河崎 雄亮
 〈法律〉家事事件手続法    弁護士
   永原 憲章
 <おもしろ神戸楽余話>日本酒 混和 灘の酒  元ラジオ関西社長
   古川  潤
 〈再読,再発見,この二冊〉「落語の言語学」/「落語的学問のすすめ」  朝日新聞編集担当補佐
    
前田 安正
 〈上海だより〉2015年のネット通販商戦
 みなと銀行上海駐在員事務所
   的場  稔
<みなと銀行の地域戦略>法人組織の強みを活かし,地域活性化に取り組む    みなと銀行
 <経済日誌>兵庫県2015年10月〜12月  
 <なるほど兵庫>兵庫県下の景観対策の状況    半田 尚之
<芸術だより>兵庫陶芸美術館 開館10周年記念特別展
        再丹波(冬)-丹波の登窯とその時代-
  兵庫陶芸美術館
   仁尾 一人



                                   mn047.gif (1553 バイト) mn021.gif (1542 バイト)